自分の意識に上がらない事は気づきようがない

昨日は「メールで届いた薬セットの不具合」でモヤモヤして気持ちの整理がつなかいまま、備忘録としてブログに載せました。

本人が分からないので読者からしたら頭に???でしょう?

先日の午前中は医療機関への通院を含めた研修でしたが痛恨のミスがありました、その事に気づいたのは事務所で待機している時の「到着が少し遅れるので歯ブラシの用意をして」の電話でした。

事務所で待っていた私はメールにもしっかり書いて有りましたが、病院に通院する方の住居で集合でした。
後から聞いた話しでは前日(つまり一昨日)話しがズレていたので念押しに集合場所の確認をした記憶があると言われましたが、全く記憶がありませんでした。

時間的に住居集合では間に合わないので、病院集合になりました。急遽でしたので空き車両がなく公共機関で向かいました。

病院に向かう途中で以前にも仕事で同様のアクシデントがあった事を思い出しました。昔なら立て続けに2つもアクシデントがあれば落ち込んでしまいますが気持ちは平静でした。

病院に到着してミスを謝り研修を受けました、車中で2つの出来事の対応を相談すると、「あなたはこんな事も出来ないのかと思われる事をする、悪く言えばよく普通の会社でやってこれたと思う」の屈託のない話しが聞けました。

何が問題(足りない)かを知りたいと思いましたが、分からないと言うのは聞いてもピンと来ないと思いこれからは自分の言動に注意を払いたいと思います。

ただ誰しもその人なりの価値観に基づく常識の基準や拘りを持っています。全てが全て相手の話しを鵜呑みにするのもどうかと思いますが、自分の傾向即ち個性や留意点に気づくためには必要な話しだったように思います。

合わせて現在障害者手帳を貰っている彼らの方がずっと生産性が高く頼りがいがある。仮にランク付けするなら介助者より上の話しは共感しました。

偉そうに介助をするのではなく、至らぬ者ですが介助をさせて頂きます。ご無礼があった節には平にご容赦をと真面目に言いたいほど人としては格上かと思っています。

普通の会社なら怒ってしまうことも彼らは「よいよい良きに計らえ」と寛容に受け流します。

昨日の最後にメール一斉送信に対してクレームと言うか問い合わせが来て、以前に体験した「予期せぬ出来事が三度起こて、どうやっても対処出来ない」人生で制動が出来ない期間が1日で終わった気がします。

昨日の出来事を含めて今までの人生を見直したいと思う昨日のブログに自分なりに加筆します。

【人生の学びの出来事】
1.P社の飯田の出張先ホテルで早朝の出来事
☆誰にも相談せず自らが考えて行動

そもそも飯田担当も目の前の直接の上司に相談や報告をせずに責任者の打診を了解してしまった事からです。十数年共にやってきた上司が自分の手元に置きたかったことや細かい小言の理由が今更ながら分かりました。課題がある面の注意喚起でしたが、それに気づけずに嫌で離れてしまいました。

施工現場に入る前にお世話になった上司に挨拶に伺った時に力不足で申し訳ないの言葉を頂きました。

2.職安所で見つけたR社(出向先N社)大阪に長期出張中
☆関係部署と相談、調整して行動した結果
出向元の会社とはトラブル解決策の相談をしましたが、目の前にいていつも顔を合わせる責任者には全く相談せずに物事を進めました。

結果的に出張先の責任者の不信感を持たせて、その方が課長から工事長になったのがきっかけで大阪から名古屋に戻る道が断たれました。名古屋本社のためにその責任者の権限が広がりったのも偶然とは思えません。

どうやら客先のR者から技術者の派遣を前任者がいなくなる1月中に派遣するように要請があって私の発言が悪く言えば利用されたようで3月までの期間限定も決まっていたようでした。

後日当日の派遣元の担当営業から独立の連絡があって当時の話しをして、3月以降の派遣先が決まらずに解雇の時に私を守り切れなかった事をお詫びされていました。

3.ネットの職業紹介のX社の1年目の伊勢(遷宮時)現場で事故等のアクシデントが続発、2年目の伊賀で上司との関係が最悪
☆上司、同僚とも相談して、但し部署が違う勤務地の責任者には未相談

それまでは自分の言動も勿論ありますが周囲の環境に押されてあれよあれよという間に物事が進んで行きました。この時は人生始めての上司との相性が我慢出来すぎに退職に至りました。

席がある名古屋の事務所は指揮系統が違う技術部署と営業部署が併設されて始めて営業の仕事を間近に見ました。

大阪本社にいる直接の上司には色々と相談しましたが、座席がある名古屋の所長とは心を開いた会話がありませんでした。最初の名古屋の所長は若くバリバリの営業マンで栄転して大阪本社に移動されました。

次に温厚派の所長になりいけいけドンドンから変わりました。私が出張から戻ったら退職の話しをしたら私を含めた計4人の技術者の内に2名が退職を決めて進めている最中でした。

一昨年から技術部署を新設したが経理や総務が現場仕事を運営の経験がなく営業に準じて出張ルールを決めましたが現場に合わないのに嫌気がさして退職する技術者が数人いました。

それを考慮してか大阪の上司は何かあれば大阪に来てよいと言われていました。お互いに相性が悪かったので退職の伺いの連絡を入れたら即答で了解がでました。

反して名古屋の所長は管理責任はないものの技術者が立て続けに3人辞める異常さに気づき原因を知りたがっていました。
私の退職が公になって送別会の帰りに本音を伝えると名古屋だけでも技術者が働き易い場としたかった。

今の大阪の上司がやりにくければ職制的に名古屋の営業の下部に位置づけて、やりやすいように行う案もあったのにと残念そうな顔が忘れられません。

今になって大阪の上司も私が抜けている点を細かく指示して貰った事に気づけなかった事を今知りました。

追加で4.S者で上司とのトラブル
上の3より更にひどく入社早々上司から毛嫌いされていました。職人から聞くとその方が今までの職場で上司1人しか持っていない資格を私が保有して、よく分かりませんがプライドを傷つけられたと思っているの話しも聞きました。

心当たりがあると言えば一次面接を人事が行い、二次面接を配属予定の岐阜の技術者と行いました。一次面接合格後に通勤面から岐阜ではなく名古屋の要望を人事に伝えましたが人事から、要望は二次面接で伝えたて下さいと言われました。

下調べをしたにも関わらずに岐阜営業所の到着約束時間を30分以上も遅れて、更に「この先に名古屋に勤務先変更」を要望を伝えた不合格と思っていましたか合格しました。

入社後の激務の新入社員研修の二週間がありました、確認ポイントは社是と社訓の一字一句間違えずにハネや止めの字体も含めた試験と社歴や組織図等の書き写しの課題が出ました。

前項はたまに覚えきれずに残る方もいると聞きましたが、書き写しはただ書けば良いので全員クリアとの事でしたが自分の斑に書き写しが終わらない方がいました。その方は方々でおしゃべりして書き写しが全く進まないので斑員から普通に書けば終わるのでやって下さいの話しがありました。

研修終了の前夜も未完成で研修センターの職員から終了日に書き残りが終わらないと問題なので22時就眠ですが特例として一晩講義室使用の許可が出ました。

斑員も私の目からは徹夜まで行かないが夜更けまでで書き写せる量でしたので就眠しました。
最終日に社訓等の書き取り試験の不合格者は居ないとの事で、残りの書き写しは誰が見ても普通に行えば終わるので全員研修無事終了

と言いたいがとセンター長から含みがある言い方をしてもしかしてルール破りかと皆が思いました。

新入社員研修は採用基準でもあるので途中で抜けたり試験不合格者は不採用ですがさすがに試験不合格でも合格まで再試験がありますので、不採用者は途中抜け出た方位でルール破りは厳重注意と反省文で単独では不採用になりません。

まさかの書き写し未完了者がうちの斑のあの方でセンター長は烈火の如く激怒しました。考慮すべき健康上の問題も、なく書き残りが出たのは研修センター始まって以来初との事でした。

本社で人事が流れを説明して社長の訓話の前にその方が列かは外れました。
これも最近の介護体験から知ったのですが身体的に問題なく本人の意思で全くお風呂に入られずにヘルパーが見守りをする事で自らがお風呂に入る方と出会いました。

研修で同じ斑の方も傍から見ればやる気なさに見えますが実に人がみていないと出来ない方だったのかも知れません。皆が見ていると書き取りをするのでそう思われていたと思います。

話しは仕事になります。
この世界の健常者と障害者は一定の比率で現れます、介護施設はある意味では自然界にはない異常な比率で構成されます。その事が心身にどんな影響があるかは気になるところです。

障害手帳を持たない方が健常者と言われますが、多かれ少なかれ障害者とスムースに関われる方は意識にするしないに関わらずに障害特性を持っています。

障害の娘を二人持つ耳の不自由な家内と住んでいます、娘が高機能自閉症の場合はかなりの確率で父親も同じの説に当てはまっています。
合わせて脳内的には異なりますが、人懐っこいダウン症の傾向も持っているように思います。

だから障害を持った方と普通に接すれます、うちの職場はみんな手帳はないのですがあってもおかしくありません。

そんな人々が今の職場に残り合わない方が去って一般企業に就労していく。ワークショプすずらんが職業能力をつける授産施設となっていますが、こちらをヘルパーステーションから授産施設にした方がいいかも知れません。

障害手帳を持った方が指導員で多少の介助のまずさも仕方ねえなあと大目に見て、時には何やってんだと大声で怒ったりしますが基本は穏やかです。

昨日は一篇に物事が発生して今朝は色々な気づきや見方の変化がありました。

ブログ

Posted by tkunijima