facebookの記事がきっかけでwowappのHUKUchanのグループに入りました。

そこで神様貯金を使って豊さを循環させるグループの案内と招待がありました。
ここはビットコインを(クレイジービットコイン)で運用して資産(ビットコイン)を増やすものでした。

多との違いは神様と呼ばれる方から始めるに当たって初期投資必要なビットコイン(1400円程度)が受けられます。1BTCはざっくりと10万円です。
自分の下のダウン(私はダウン症が浮かびました)が1人入ると、その方から月々の会費0.01BTCが入いり実質無料になります。

二人以上の0.02BTC(2000円:1000円×2)のダウンが付いたら初期投資の0.014BTCを新規の方にペイフォワードで提供します。0.014BTCの内の0.01BTCのバックがあり実質0.004BTCの登録料のみのペイフォーワードになります。

「豊さの循環」が目的です。正直神様と言われる方にリアルに合った事はなくどんな方かは不明です。
ペイフォワードの初期費用で0.5BTCを提供されています。

詳しいシステムは分かりませんがダウンからの入りとアップ(上位)のスピルオーバー(おこぼれ?!)で参加者全員が幸せになれると言うものです。
神様のグループはLineグループにありますが賑やかです。

wowappは理論的に納得出来ますが神様グループは常に新規のダウンを付けないと全ての方が幸せになれないように思い、論理矛盾すると思われることを質問したらお祭り騒ぎでスルーされました。
CrazeBTCの記事は検索で見つかりますが矛盾をついたものはありません。

資金運用先で庶民に馴染みのあるのが預金の利子ですが、預けたお金を銀行が貸し出して利益を稼ぎその一部を返還しているのに過ぎません。
株や証券で資産運用している方もいると思いますが常に相場を監視するエネルギーを注いでいます。

神様のグループも日時が経つにつれてルールや指示事項が出て来ました、名目は「豊さと循環」です。
ペイフォワードは直訳すると「先に払う」の意味ですで、私は見返りなしに相手を信頼して先に価値を提供して受け取った方が自主的に次の方に価値を廻していくことだと考えています。

ルールや義務を付けたら、それはペイフォワードとは違ったものになると思います。それはとても素晴らしいことですが頼り過ぎたるのもどうかと思います。

ジャンジャン稼げるものではないと思いますが今後たうなっていくか楽しみです。

「トリクルダウン理論」の問題点参考になります。

大企業や富裕層が力を付ければ、いずれ彼らが得た富は庶民などにも下りてくる……という「トリクルダウン理論」。シャンパンタワーのようにグラスをピラミッド型に並べて1番上のグラスにシャンパンを注ぎ続けるといずれは溢れて2番目次に3番目も満たされるという論理です。

記事を読んだら笑ってしまいましたが1番目のグラスが拡大し続けて一向に下に流れないイラストです。
人の欲望って怖いものがあります、リアルに面識がある人の不利益になるのは躊躇してネットで知り合った何の関係もない人だったら・・

私は金銭的にメリットも感じましたが、何より紹介者の人柄雰囲気に惹かれましたので故意でアクシデントであれ楽しい一時に価値を感じました。